板橋中央看護専門学校(第1学科・第2学科)

執筆者:看護大学・専門学校受験ナビ編集部

医療法人を母体とし、「人類愛」を教育理念に、人間性豊かな看護師を育成します

設置主体である医療法人社団明芳会の「愛し愛される病院」という基本理念を尊重し、「人類愛」を教育理念としています。技術・知識はもちろん、豊かな人間性を持ち、患者さんから愛される看護師の育成を目指します。

人の痛みを感じ、思いやることのできる人材の育成を目指します

本校の教育理念は「人類愛」。生命に対する畏敬の精神に基づいて、豊かな人間性を育む教育を行っています。看護に必要な知識と技術の習得はもちろん、人の痛みを感じ、思いやることのできる人材の育成を目指し、さまざまなイベントや研修を実施。

「国際交流セミナー」では、海外の看護学生との共同生活を体験します。さまざまな人との交流を通じて異文化にふれ、語学力はもちろん相手の立場を理解・尊重できるコミュニケーション能力を養います。

独自の奨学金制度で学生をサポートします

本校独自の「IMS(イムス)グループ奨学金」(月額5万円)を利用することができます。

卒業後、IMS(イムス)グループの医療機関に奨学金貸与期間(3年)を越えて従事すると、返済が全額免除。経済面でも学生をサポートします。また、「東京都奨学金」「日本学生支援機構奨学金」などの奨学金制度も利用可能です。

奨学金貸与制度

板橋中央看護専門学校の学生で、心身ともに健康で、卒業後関連医療機関に就業する意志のある学生を対象にIMS(イムス)グループによる奨学金制度があります。

第1学科の場合の奨学金

奨学金: 50,000円(月額)× 36ヶ月 = 1,800,000円

第2学科の場合の奨学金

奨学金: 50,000円(月額)× 24ヶ月 = 1,200,000円

卒業後(看護師の免許取得後)、IMS(イムス)グループ病院で看護師として引き続き、それぞれ貸与された期間以上(第1学科3年、第2学科2年)勤務した場合、奨学金の返還が免除されます。

※奨学金の支給病院の決定は、本人の希望先を優先しますが、各IMS(イムス)グループ病院の看護師募集状況又は、定員等の事情により希望する病院以外の奨学生になる場合もありますので、ご了承下さい。

同グループの病院で臨地実習を行います

同グループの病院である板橋中央総合病院、高島平中央総合病院、西八王子病院など10か所の医療機関で、成人看護学や老年看護学、精神看護学、母性看護学などの臨地実習を行います。最新の医療機器が揃った病院で、学生の受け入れに慣れた親切なスタッフの指導を受けながら、貴重な経験を積むことができます。

第1学科の特徴

教育理念は「人類愛」。人間性豊かな看護師の育成を目指します 看護師としての基礎を築く講義と学内演習、より実践的な臨地実習を段階的に実施しています。教育理念は「人類愛」。確かな技術・知識と、人を思いやれる優しい心を持った看護師の育成を目指します。

第1学科の受験資格

高等学校卒業者・高等学校卒業見込み者 高等学校卒業程度認定試験合格者

補習講義・模擬試験・個別指導など、国家試験対策が充実

1年次から模擬試験を実施するなど、段階的な学びで国家試験合格を目指します。また、休暇中の補習講義や、経験豊富な教員による個別指導など、バックアップ体制は万全。国家試験の前には、在校生が激励会を主催し、学校全体が心をひとつにして国家試験合格を目指します。

人間総合科学大学(通信教育課程)との併修で学士の学位を取得できます(希望者のみ)

「ダブルスクール制度」で、学生が本校(第1学科3年又は第2学科2年)に在籍しながら、大学にも籍を置いて、同時に2つの学校の卒業を目指せます。本校卒業後は、本校在学時の単位が認定され、看護師として就業しながら残りの単位の学修を行い学士を取得します。学費は4年間で109万円です (給付制度利用)。

就職実績

板橋中央総合病院、高島平中央総合病院、明理会中央総合病院、東京腎泌尿器センター大和病院、イムス記念病院、イムス板橋リハビリテーション病院、横浜旭中央総合病院、新松戸中央総合病院、春日部中央総合病院 ほか

第2学科の特徴

※第2学科は2020年度を最後に募集停止になりました。

第2学科では、准看護師の資格をベースに全日制2年間で看護師国家試験受験資格が取得できます。1年次は講義と学内演習が中心。他者を理解する基礎を学び、豊かな人間性を養うことを目的とした講義や、看護のスキルアップを目指した演習を行います。2年次には、学んできたことを統合して、臨床の場で実践していきます。災害看護の授業では、体験型の学習を多くとりいれているのが特長です。

第2学科の受験資格

※准看護師・准看護師免許取得見込み者

(第2学科)幅広い世代で共に学び、准看護師からのキャリアアップを目指します

高校を卒業(衛生看護科)したばかりの人、既婚者、准看護師の経験が長い人など、さまざまな仲間とともに学びながら、豊かな人間性を育むとともに准看護師からのキャリアアップを目指します。また、運動会や総合防災訓練などのイベントから、医療チームで働くためのチームワークを身につけます。

(第2学科)補習講義・模擬試験・個別指導など、国家試験対策が充実

1年次より国家試験の学習ガイダンスや個別の学習指導、模擬試験を活用した対策を行っています。2年次は過去問題を解きながら計画的なスケジュールで学習を進めます。学生一人ひとりの状況にあわせて個別指導を行い、全面的にバックアップしています。

(第2学科)人間総合科学大学(通信教育課程)との併修で学士の学位を取得できます(希望者のみ)

「ダブルスクール制度」で、学生が本校(第1学科3年又は第2学科2年)に在籍しながら、大学にも籍を置いて、同時に2つの学校の卒業を目指せます。本校卒業後は、本校在学時の単位が認定され、看護師として就業しながら残りの単位の学修を行い学士を取得します。学費は4年間で109万円です (給付制度利用)。

交通アクセス

左写真は最寄り駅の都営三田線「志村坂上」駅のA1出口です。A1出口から行くのが学校に一番近いです。板橋中央看護専門学校に5分ほどで着きます。
小豆沢二丁目の交差点に板橋中央看護専門学校があります。
学校周辺に板場中央総合病院があります。

入試情報 第1学科(3年課程全日制)

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

区分
選考試験日
推薦Ⅰ
2022年10月15日(土)
推薦Ⅱ・社会人 2022年11月5日(土)
一般(A日程)
2022年12月3日(土)
一般(B日程)
2023年1月28日(土)
学校案内
受付状況
スタディサプリ進路にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内
推薦、社会人
選考方法
・一般教養
・面接
一般
選考方法
・国語総合(現国のみ)
・英語Ⅰまたは数学ⅠA
・面接

推薦入試の一般教養はどんな問題が出題される?

学生募集要項には一般教養の問題の中身について書かれていませんが、実際に推薦入試を受験した学生の報告によりますと、試験時間は90分で英語、国語、数学、理科、社会の簡単な問題がアラカルト的に出題されたとのことです。国語は漢字の読み書き、四字熟語など、英語は単語の意味、文章の空所補充など、数学は消費税の計算、食塩水の問題、順列など、理科は化学式、体のしくみなど、社会は歴史上の人物について。

入試情報 第2学科(2年課程全日制)

※第2学科は2021年度以降、募集停止になりました。2020年4月に入学した学生が最後となります。

偏差値

板橋中央看護専門学校の偏差値は50.0です。この偏差値は50%の合格可能性を示しています。

つまり、あなたの偏差値が50.0あれば、板橋中央看護専門学校に合格する可能性は50%あることを示しています。合格可能性をより高めたい場合は、50を上回る偏差値を取る必要があるということです。

それでは過去4年間の偏差値の推移を見てみましょう。下記の表をご覧ください。2017~2020年度まで偏差値は50で変化はありません。東京都で偏差値50の看護学校は他に1校あります。その学校とは帝京高等看護学院です。奇しくもどちらの学校も板橋区にあり、距離もそれほど離れているわけでもなく約3kmほどです。難易度が同じで、しかも入試科目もどちらも2科目受験なので受験しやすいでしょう。

年度 偏差値
2020 50.0
2019 50.0
2018 50.0
2017 50.0

板橋中央看護専門学校の偏差値推移

オープンキャンパス

【オンライン型】
・2021年6月19日(土)

【来校型】
・2021年7月17日(土)
・2021年8月28日(土)

交通アクセス

【所在地】
・板橋中央看護専門学校(東京都板橋区小豆沢2-6-4)

【交通アクセス】
・都営三田線「志村坂上」駅下車 1A出口 徒歩5分
・JR埼京線「赤羽」駅より国際興業バス 20分 高島平操車場路線小豆沢住宅前バス停下車 徒歩3分
・JR埼京線「赤羽」駅より国際興業バス 20分 桐ヶ丘循環路線小豆沢住宅前バス停下車 徒歩3分
・JR埼京線「赤羽」駅より国際興業バス 20分 常盤台駅路線小豆沢1丁目バス停下車 徒歩3分

学校案内

板橋中央看護専門学校
学校案内
受付状況
スタディサプリ進路にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内

ページの先頭へ