下関看護リハビリテーション学校の偏差値は?

執筆者:看護大学・専門学校受験ナビ編集部

下関看護リハビリテーション学校の偏差値は48となっています(看護学科)。この偏差値は50%の合格可能性を示しています。

つまり、あなたの偏差値が48あれば、下関看護リハビリテーション学校に合格する可能性は50%あることを示しています。合格可能性をより高めたい場合は少なくとも48を上回る偏差値を取る必要があるということです。

【関連情報:偏差値データのもとになる模試】

・東京アカデミー看護医療模試

下関看護リハビリテーション学校は学校法人巨樹の会が運営しています。

それでは過去4年間の偏差値をみてみましょう。2017年、2018年は偏差値は49でしたが、2019年は1ポイント下がり偏差値48になり、引き続き2020年も偏差値48となっています。同じ山口県の看護専門学校で偏差値が同じ学校は他に2校ありました。その2校とは岩国YMCA国際医療福祉専門学校、大島看護専門学校です。

下関看護リハビリテーション学校(看護学科)の一般入試科目は学科試験は国語総合(現代文のみ)、数学Ⅰの2科目受験です。そのほか面接試験があります。ただし、一般入試の後期Ⅲの選考方法は学科試験が1科目になり、国語総合(現代文のみ)になります。加えて面接試験があります。英語が受験科目にないので、英語が不得意な人は受験を検討してみてみましょう。

年度 偏差値
2020 48
2019 48
2018 49
2017 49

下関看護リハビリテーション学校の偏差値推移の画像

動画で下関看護リハビリテーション学校の偏差値について解説!

ページの先頭へ