深谷大里看護専門学校の偏差値は?

深谷大里看護専門学校の偏差値は46.5となっています。この偏差値は50%の合格可能性を示しています。

つまり、あなたの偏差値が46.5あれば深谷大里看護専門学校に合格する可能性は50%あることを示しています。合格可能性を50%より高めたい場合は、46.5を上回る偏差値を取る必要があるということです。 深谷大里看護専門学校の倍率は1.9倍です(2017年一般入試1期+2期の合計)。

【関連情報:偏差値データのもとになる模試】

・東京アカデミー看護医療模試

深谷大里看護専門学校の母体は学校法人藍香学園です。深谷大里看護専門学校には3年課程と2年課程通信制があります。このページで掲載している偏差値は3年課程のものです。

それでは過去4年間の偏差値の推移を見てみましょう。下記の表をご覧ください。

2017年から2020年まで偏差値は46.5で変化はなく、難易度は安定しています。一般入試の学科試験では現代文Bが必須科目で、選択科目は数学1、コミュニケーション英語1、生物基礎から1科目を選択という形になっています。英語が選択科目なので、英語が不得意な受験生にとっては受験しやすい学校です。偏差値のうえでは難易度は易しめかもしれませんが、油断せず基礎的な問題を確実に解けるように受験対策を怠らないようにしましょう。

年度 偏差値
2020 46.5
2019 46.5
2018 46.5
2017 46.5


深谷大里看護専門学校の偏差値推移の画像

動画で深谷大里看護専門学校の偏差値について解説!

ページの先頭へ