深谷大里看護専門学校の倍率は?

深谷大里看護専門学校の一般倍率は2.3倍となっています、推薦倍率は1.6倍になっています。いずれも2019年度入試のデータです。

それでは一般入試の深谷大里看護専門学校の倍率や受験者数をみていきましょう。

2011年以降、最も低倍率になったのが2018年の1.4倍、受験者数も最も少なく34名となりました。一方で、最も倍率が高くなったのは、2015年の3.9倍、受験数が最も多かったのは2012年の116名でした。

深谷大里看護専門学校は近年は志願者がやや減少傾向ですが、倍率が1倍台になったのは2018年だけなので油断は禁物です。一般入試の倍率は2倍~3倍台の年が多いです。

深谷大里看護専門学校の倍率と受験者数だけでなく、偏差値と合わせて受験検討することで志望校を決定しましょう。

一般倍率の変遷

一般入試
深谷大里看護専門学校
年度
志願者数
受験者数
合格者数
倍率
2019
56 53 23 2.3
2018
39 34 25 1.4
2017
63 56 18 3.1
2016 79 71 19 3.7
2015 101 81 21 3.9
2014 86 72 22 3.3
2013 116 75 36 2.1
2012 127 116 41 2.8
2011 91 80 32 2.5

深谷大里看護専門学校の倍率と受験者数の画像

推薦倍率の変遷

近年は推薦入試の倍率は1倍台が多いです。入試年度による大きな変化は一般入試ほどは見られません。
推薦入試
深谷大里看護専門学校
年度
志願者数
受験者数
合格者数
倍率
2019
43 43 27 1.6
2018
24 24 21 1.1
2017
32 32 23 1.4
2016 33 33 21 1.6
2015 38 38 20 1.9
2014 34 34 20 1.7
2013 36 34 19 1.8
2012 24 24 15 1.6
2011 33 33 12 2.8

動画で深谷大里看護専門学校の倍率について解説!

ページの先頭へ