亀田医療技術専門学校の偏差値は?

執筆者:看護大学・専門学校受験ナビ編集部

亀田医療技術専門学校の偏差値は48となっています。この偏差値は50%の合格可能性を示しています。

つまり、あなたの偏差値が48あれば、亀田医療技術専門学校に合格する可能性は50%あることを示しています。合格可能性をより高めたい場合は、48を上回る偏差値を取る必要があるということです。

【関連情報:偏差値データのもとになる模試】

・東京アカデミー看護医療模試

亀田医療技術専門学校の倍率は一般1.3倍、推薦1.3倍でした(2019年度入試)。

【亀田医療技術専門学校の倍率の詳細はこちら↓】

亀田医療技術専門学校の倍率の推移

亀田医療技術専門学校は学校法人鉄蕉館が運営しており、亀田メディカルセンターと一体となり学習、実習を全面的に支援するので、最前線の現場の看護を学ぶことができます。亀田メディカルセンターとは複数の施設を総称した名称であり、亀田総合病院、亀田クリニック、亀田リハビリテーション病院が含まれています。特に亀田総合病院はホテルのような豪華できれいな病院としてマスコミにもよく取り上げら、遠方から患者さんが来るほどの人気病院です。そのような病院で実習できる学生は恵まれているといえるでしょう。

そのほか、亀田医療技術専門学校には看護学科以外に助産学科(修業年限1年)、介護福祉学科(修業年限2年)があります。

それでは過去4年間の偏差値の推移を見てみましょう。下記の表をご覧ください。

2019年→2020年は偏差値48でしたが、2017年→2018年は偏差値47でしたので、偏差値のうえからは若干難易度が上がったともいえます。亀田医療技術専門学校の一般入試科目は国語が必須科目で、数学、生物、英語の中から1科目選択します。学科試験の合計の受験科目は2科目で、加えて個人面接があります。

年度 偏差値
2020 48
2019 48
2018 47
2017 47

亀田医療技術専門学校の偏差値推移の画像

動画で亀田医療技術専門学校の偏差値について解説!

ページの先頭へ