東京医科大学霞ヶ浦看護専門学校の倍率は?

東京医科大学霞ヶ浦看護専門学校の倍率は1.2倍となっています。この倍率は一般入試と推薦入試の合計値です。

さて、下記の表やグラフをご覧ください。2014年からのデータになりますが、2020年まで倍率、受験者数ともに減少傾向にあります。

特に2019年は近年では最も低倍率になり1.2倍となり、受験者数は100名を割り込みましたが、2020年以降はおそらく反動で倍率や受験者数ともに増加に転じる可能性があります。というのも、受験生の心理として低倍率の年や受験者数が少なかった年の翌年は、ねらい目だと考え受験する生徒が多くなるためです。

東京医科大学霞ヶ浦看護専門学校の偏差値は近年変化はないので、低倍率や受験者数が減少傾向にあるからといって油断せず、受験対策に取り組む必要があります。

倍率の推移(一般入試、推薦入試の合計)

一般・推薦(合計)
東京医科大学霞ヶ浦看護専門学校
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2019 70 116 81 66 1.2
2018 70 145 108 74 1.5
2017 70 126 110 78 1.4
2016
70
137
122
81
1.5
2015
70
160
153
85
1.8
2014
70
206
196
80
2.5

東京医科大学霞ヶ浦看護専門学校の倍率推移の画像

動画で東京医科大学霞ヶ浦看護専門学校の倍率について解説!

ページの先頭へ