聖和看護専門学校の偏差値は?

聖和看護専門学校の偏差値は45となっています。この偏差値は50%の合格可能性を示しています。

つまり、あなたの偏差値が45あれば聖和看護専門学校に合格する可能性は50%あることを示しています。合格可能性を50%より高めたい場合は、45を上回る偏差値を取る必要があるということです。

【関連情報:偏差値データのもとになる模試】

・東京アカデミー看護医療模試

聖和看護専門学校の母体は医療法人社団大和会で、平成医療福祉グループに属しています。聖和看護専門学校の近くには母体である大和会の大内病院があります。学校の特徴として奨学金制度が充実していて卒業後、平成医療福祉グループの病院または施設等へ入職を希望することを条件に月に10万円の奨学金が貸与されます。さらに、平成医療福祉グループの病院または施設に勤務すれば奨学金が免除されるので金銭線的な負担はかなり軽減されます。

それでは過去4年間の偏差値の推移を見てみましょう。下記の表をご覧ください。

2017年から2020年まで偏差値は45で変化はありません。偏差値から難易度を考えるとやや易しめということになりますが、一般入試を軽視していはいけません。聖和看護専門学校の一般入試の学科試験では、国語(古文漢文除く)が必須で、英語と数学1のどちらかを選択します。いずれにしても、受験に必要な科目に関しては基礎的な問題をしっかり解けるようにして、簡単な問題でケアレスミスを起こさないことにすることが大切です。

年度 偏差値
2020 45
2019 45
2018 45
2017 45

聖和看護専門学校の偏差値推移の画像

動画で聖和看護専門学校の偏差値について解説!

ページの先頭へ