広島県立三次看護専門学校の口コミをまとめてみました

執筆者:看護大学・専門学校受験ナビ編集部

ネット上の広島県立三次看護専門学校の口コミをまとめてみました。学校の評判は個人の感想に過ぎない部分があるので、あくまで参考程度にご覧ください。

交通アクセスの口コミ

Aさん

広島市内からは1時間30分以上かかる、山の中に広島県立三次看護専門学校はあります。三次駅からはバスで10分ぐらいです。郊外や田舎に住む人だったらわかると思いますが、郊外や田舎は車社会です。なので車を使えば不便さは全然感じないです。三次インターチェンジから車で3分です。

自動車通学は学校から認められていますし、駐車場についても入学後に学校から説明があります。

学校の特徴や学校生活に関する口コミ

Bさん

県立の看護専門学校なので学費がとても安いです。授業料は月11,000円で、年額で132,000円です。授業料は半年ごとに払います。学校は比較的きれいで、勉強に支障にレベルではないです。

Cさん

学生寮はないので、アパート借りてます。アルバイトは学校に申請する必要はありますが、アルバイト自体は禁止されていません。学費が安いので、アルバイトと奨学金でまかなえます。

Dさん

就職先は実習病院でもある学校のそばの「市立三次中央病院」で働く人が多いです。県北地域に就職する人が半分で、ほとんど広島県内に就職しています。

Eさん

広島県内の看護専門学校のかなでは比較的偏差値が高くて、自然豊かで静かな場所で勉強できます。第一看護学科は定員60人で、1クラス30人で2クラスあり、少人数なので高校の延長のような感じで楽しくやれています。

Fさん

定期的に国家試験対策のためのテストや学校の先生のサポートがあるので、看護師国家試験の合格率は毎年、全国平均を上回っています。先生たちが全員国家試験に合格させようという意気込みを感じます。

Gさん

奨学金を利用している場合は、日本学生支援機構が多く、社会人の学生は専門実践教育訓練給付金を利用している人が多い印象です。専門実践教育訓練給付金はハローワークで受け付けています。

Hさん

就職先は主に、市立三次中央病院 庄原赤十字病院、厚生連吉田総合病院、県立広島病院、広島市民病院とかです。県北地域(三次市、庄原市、安芸高田市)に就職する人が毎年30人前後います。

入試に関する口コミ

Iさん

入試の面接では、自分が看護師に向いているところ、看護師の志望理由、併願校とかについて聞かれました。圧迫面接とかではなく、穏やかな感じで話しやすい感じの面接でした。

広島県立三次看護専門学校の口コミ踏まえた学校紹介

看護大学・専門学校の資料請求サイト

スタディサプリ進路 (資料・送料ともに無料)

ページの先頭へ