大阪保健福祉専門学校の偏差値は?

執筆者:看護大学・専門学校受験ナビ編集部

大阪保健福祉専門学校の偏差値は46となっています(看護学科)。この偏差値は50%の合格可能性を示しています。

つまり、あなたの偏差値が46あれば、大阪保健福祉専門学校に合格する可能性は50%あることを示しています。合格可能性をより高めたい場合は、46を上回る偏差値を取る必要があるということです。

【関連情報:偏差値データのもとになる模試】

・東京アカデミー看護医療模試

大阪保健福祉専門学校の設置主体者は学校法人大阪滋慶学園です。滋慶学園グループは医療をはじめ、あらゆるジャンルにおいて専門学校など教育施設を約80校弱ほど運営している大規模な教育グループです。医療系の専門学校だけでも25校ほど運営しているので、実習施設の確保や就職のバックアップに関して医療系のネットワークがあるのは心強いといえます。

それでは過去4年間の偏差値の推移を見てみましょう。下記の表をご覧ください。

2017年→2018年→2019年→2020年と、偏差値は全て46で変化はありません。近年は入試の難易度に大きな変化はないと言っていいでしょう。

大阪保健福祉専門学校看護学科と同じ偏差値の学校はこの学校を含め、大阪府では6校あります。偏差値上ではやや易しい部類に入りますが、油断せずに確実に合格できるよう受験対策を怠らないようにしましょう。大阪保健福祉専門学校の一般入試の試験は、2021年度入試は、国語総合(古文、漢文を除く)、小論文、「数学・生物・英語総合」、面接です。

年度 偏差値
2020 46
2019 46
2018 46
2017 46

大阪保健福祉専門学校の偏差値推移の画像

動画で大阪保健福祉専門学校の偏差値について解説!

ページの先頭へ