岡山・建部医療福祉専門学校の偏差値は?

岡山・建部医療福祉専門学校の偏差値は46となっています。この偏差値は50%の合格可能性を示しています。

つまり、あなたの偏差値が46あれば、岡山・建部医療福祉専門学校に合格する可能性は50%あることを示しています。合格可能性をより高めたい場合は少なくとも46を上回る偏差値を取る必要があるということです。岡山・建部医療福祉専門学校の倍率は1.1倍です(2018年度一般入試)。

【関連情報:偏差値データのもとになる模試】

・東京アカデミー看護医療模試

岡山・建部医療福祉専門学校は学校法人医療創生大学が運営しています。医療創生大学には看護学部(福島県)や国際看護学部(千葉県)が設置されています。

それでは過去4年間の偏差値の推移を見てみましょう。下記の表をご覧ください。

2017年~2020年までの偏差値は46で変化はありません。

岡山・建部医療福祉専門学校の一般入試科目は必須科目として現代文(必修)、選択科目としてコミュニケーション英語と数学Ⅰのどちらか一つを選択。学科試験は合計2科目受験になります。そのほか書類審査、個人面接が課されます。

年度 偏差値
2020 46
2019 46
2018 46
2017 46

岡山・建部医療福祉専門学校の偏差値推移の画像

動画で岡山・建部医療福祉専門学校の偏差値について解説!

ページの先頭へ