おだわら看護専門学校の偏差値は?

おだわら看護専門学校の偏差値は49となっています。この偏差値は50%の合格可能性を示しています。

つまり、あなたの偏差値が49あればおだわら看護専門学校に合格する可能性は50%あることを示しています。合格可能性を50%より高めたい場合は、49を上回る偏差値を取る必要があるということです。

【関連情報:偏差値データのもとになる模試】

・東京アカデミー看護医療模試

おだわら看護専門学校の母体は小田原医師会で、小田原高等看護専門学校として1994年に開校しました。その後、おだわら看護専門学校に校名を変更。現在はおだわら総合医療福祉会館の2階に校舎を移転し、新築したので、とてもきれいな施設で学習できます。校名のおだわら看護専門学校の「おだわら」は平仮名ですが、漢字で表記した「小田原」看護専門学校は閉校しましたが、おだわら看護専門学校とは姉妹校であり、すでに准看護師の資格をもっている人が看護師資格の取得を目指す看護学科(2年課程)や准看護学科が設置されていました。

それでは過去4年間の偏差値の推移を見てみましょう。下記の表をご覧ください。

2017年から2020年まで偏差値は49で変化はなく、偏差値からみる入試の難易度は安定しているといえるでしょう。神奈川県の看護専門学校は偏差値50前後の学校が比較的多い地域です。偏差値から難易度を考えると標準レベルの学力を必要とします。入試対策として、一般入試1期では国語総合(古文・漢文除く)と数学1が必須なので、基礎的な問題をミスすることなく確実に得点することによって合格を手に入れましょう。

年度 偏差値
2020 49
2019 49
2018 49
2017 49

おだわら看護専門学校の偏差値推移の画像

動画でおだわら看護専門学校の偏差値について解説!

ページの先頭へ