西埼玉中央病院附属看護学校の偏差値は?

執筆者:看護大学・専門学校受験ナビ編集部

西埼玉中央病院附属看護学校の偏差値は52となっています。この偏差値は50%の合格可能性を示しています。

つまり、あなたの偏差値が52あれば西埼玉中央病院附属看護学校に合格する可能性は50%あることを示しています。合格可能性を50%より高めたい場合は、52を上回る偏差値を取る必要があるということです。 西埼玉中央病院附属看護学校の倍率は2018年は2.2倍でした。

【関連情報:偏差値データのもとになる模試】

・東京アカデミー看護医療模試

西埼玉中央病院附属看護学校の母体は国立病院機構です。全国140以上の病院を展開する大規模な医療グループです。

それでは過去4年間の偏差値の推移を見てみましょう。下記の表をご覧ください。

2017年から2020年まで偏差値は52で変化はなく、難易度は安定しています。この学校以外に、埼玉県内で偏差値52の看護学校は2校ありました(2020年偏差値データ)。難易度を考えると偏差値50を超えているわけですから、最低でも高校の教科書レベルの学力は身につけておきたいところです。2021年度の一般入試で課される入試科目は英語、国語総合(現代文のみ)、数学Ⅰの3科目です。

年度 偏差値
2020 52
2019 52
2018 52
2017 52


西埼玉中央病院附属看護学校の偏差値推移の画像

動画で西埼玉中央病院附属看護学校の偏差値について解説!

ページの先頭へ