奈良県立病院機構看護専門学校の偏差値は?

執筆者:看護大学・専門学校受験ナビ編集部

奈良県立病院機構看護専門学校の偏差値は53.5となっています。この偏差値は50%の合格可能性を示しています。

つまり、あなたの偏差値が53.5あれば、奈良県立病院機構看護専門学校に合格する可能性は50%あることを示しています。合格可能性を50%より高めたい場合は、53.5を上回る偏差値を取る必要があるということです。

【関連情報:偏差値データのもとになる模試】

・東京アカデミー看護医療模試

奈良県立病院機構看護専門学校は地方独立行政法人奈良県立病院機構が運営しています。そうすると、奈良県立病院機構とは何なのか?という疑問が出てくると思います。まずは、奈良県立病院機構は次の3つの医療施設を持っていることを知っておきましょう。

  • 奈良県総合医療センター
  • 奈良県西和医療センター
  • 奈良県総合リハビリテーションセンター

それと、奈良県立病院機構看護専門学校という学校名で2017年に開校しましたが、その前身は以下の2つの学校だったのです。

  • 奈良県立病院機構看護専門学校奈良校
  • 奈良県立病院機構看護専門学校三室校

上記の2校が合併して現在の奈良県立病院機構看護専門学校になりました。

それでは過去2年間の偏差値の推移を見てみましょう。下記の表をご覧ください。

2019年の偏差値は54で、2020年は53.5となり、0.5ポイントと偏差値が下がりましたが、10校ほどある奈良県内の看護学校のなかで、奈良県立病院機構看護専門学校は偏差値ではトップで上位校に属しています。

年度 偏差値
2020 53.5
2019 54

奈良県立病院機構看護専門学校の偏差値推移の画像

動画で奈良県立病院機構看護専門学校の偏差値について解説!

ページの先頭へ