三重大学 医学部 看護学科

三重大学 医学部 看護学科

看護学科

看護学科では、倫理観と豊かな人間性を備え、地域社会への貢献はもとより、国際的な視野に立って活動できる、人間的・専門的に高い資質を持った看護師、保健師(選択科目履修)、助産師(選択科目履修)を育成するためのカリキュラムを編成しています。

基礎看護学では、人体の構造と機能、健康・疾病・障害に関する基礎となる知識と、看護学の基盤となる理論や技術を学び、人間の尊厳への配慮や倫理観を育成します。

各専門領域の知識を学ぶ科目と実践の場に適応する能力を身につけるための演習や臨地実習科目では、人のライフサイクルや社会的ヘルスニーズ、地域特性など多様な観点から人間を総合的に理解し、科学的根拠に基づく個人の健康状態に応じた適切な看護実践を学び、国際的な視野で保健・医療・福祉システムをとらえ、多職種と連携する能力を高め、社会貢献の基盤を養います。また、科学的・論理的な思考とともに、看護に関する課題を解決しようとする態度や責任感を醸成するために、少人数教育での看護学ゼミナールや看護研究を行います。

取得できる資格

・看護師国家試験受験資格

・保健師国家試験受験資格(選択制・定員20名程度)

・助産師国家試験受験資格(選択制・定員若干名)

恵まれた教育環境の中の看護学科

三重大学は人文学部、教育学部、医学部、工学部、生物資源学部の5学部全てが1つのキャンパス内に統合された総合大学です。美しい自然環境に囲まれた環境にやさしい大学です。

広い知識と豊かな人間性を養う環境

全学の教養教育やクラブ活動などを通して他学部との交流・情報交換を深めることができます。学生自治会が組織されており、人間形成に役立つものとして自主的活動が認められています。

看護学科と医学科の密接な連携のものに相互に教育・研究が可能

看護学科と医学科の教員が相互に連携しながら教育・研究をしています。多職種連携教育(IPE)では、看護学生と医学生が地域の診療所などで一緒に実習しチーム医療の大切さを学んでいます。

隣接する医学部附属病院を中心とした総合的な実習体制の確保

看護学の実習は、隣接する高度先進医療を担う附属病院を中心に、県内関連機関において行います。また各機関の実習担当者と教員が連携し、きめ細かい指導やサポートを行うことで学びの充実を図ります。

整備された情報ネットワークの利用

三重大学内のどこからでもインターネットにアクセスできます。看護学科棟内にも教育用LANが整備されており、e-learningなどを利用して学習できます。

活発な国際交流

三重大学では現在タイやドイツの大学と大学間協定を締結しており、看護学科の学生も国際インターシップ制度を活用して海外での大学における研修に参加しています。また海外で行われる国際ジョイントセミナーに参加することや、学内における協定大学からの学生や教員との交流を通し、国際社会で幅広く活躍できる能力を養う機会が多くあります。


学生と教員との連携による社会貢献

将来の自然災害に備える地域の力を強めるために、災害看護学の要素を入れた地域社会に役立つ研究や情報発信、学生とともに行う地域に根ざした社会貢献を続けています。これにより学生の視野も広がり、人間的な成長も可能になります。

臨地実習

医療や保健・福祉の現場で、看護の対象(患者、入所者、地域住民)と向き合いながら看護の実践力を高めます。附属病院での基礎看護学実習Ⅰ(1年生)と基礎看護学実習Ⅱ(2年生)を経て、3年生の後期から病院や高齢者施設で母性、小児、成人、老年、精神各領域での臨地実習を行います。4年生では各自が選んだ専門領域で行う統合実習Ⅰ・Ⅱがあり、学年進行に合わせて段階的に練習内容を深め、看護の専門性、対象や家族との関係づくり、医療や保健の現場における連携について実践的に学びます。

主な就職先

看護師

三重大学医学部附属病院、三重県立総合医療センター、三重県立こころの医療センター、国立病院機構三重病院、国立病院機構三重中央医療センター、伊勢赤十字病院、市立四日市病院、済生会松坂総合病院、鈴鹿中央総合病院、伊賀市立上野総合市民病院、名古屋大学医学部附属病院、名古屋市立大学病院、名古屋第一赤十字病院、藤田医科大学病院、トヨタ記念病院、京都大学医学部附属病院、大阪医科大学附属病院、東京女子医科大学病院、浜松医科大学医学部附属病院、静岡県立こども病院

助産師

三重大学医学部附属病院、名古屋市立大学病院、名古屋第二赤十字病院、岐阜県立多治見病院、兵庫県立こども病院

保健師

三重県、津市、いなべ市、鈴鹿市、松坂市、多気町、玉城町、愛知県、愛西市、奈良県、和歌山県、京都市

進学先

三重大学大学院医学系研究科、岡山大学教育学部養護教諭特別別科、和歌山県立医科大学助産学専攻科、浜松医科大学大学院医学系研究科(助産師養成コース)、名古屋医療センター附属名古屋看護助産学校助産学科など

【動画】看護学科の紹介

※下記の動画は音声が流れますので、ご注意ください。

2019年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

区分
選考試験日
推薦
【第1次選抜】 2019年2月7日(木)
【第2次選抜】2019年2月11日(月)
一般(前期)
2019年2月25日(月)
2019年2月26日(火)
一般(後期)
2019年3月12日(火)
大学案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中(有料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内(コンビニ後払い:376円)
<高校生・高専生限定>期間限定で150校以上の国公立大学のパンフレットが無料。8/31まで。
推薦
選考方法
<第1次選抜>センター試験(国語、地歴公民、数学、理科、外国語)
<第2次選抜>面接
一般(前期)
選考方法
・センター試験(国語、地歴公民、数学、理科、外国語)
・個別学力検査等〔外国語、面接〕
一般(後期)
選考方法
・センター試験(国語、地歴公民、数学、理科、外国語)
・個別学力検査等〔小論文、面接〕

過去の入試結果

一般(前期)
三重大学 医学部 看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2018 52 150 123 55 2.2
2017 52 96 76 54 1.4
2016
55 152 138 59 2.3
一般(後期)
三重大学 医学部 看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2018 5 134 41 5 8.2
2017 5 90 23 5 4.6
2016
10 126 47 13 3.6
推薦Ⅱ
三重大学 医学部 看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2018 20 55 30 20 1.5
2017 20 53 30 21 1.4
2016
12 32 17 12 1.4

交通アクセス

【所在地】
・三重県津市栗真町屋町1577

【交通機関・最寄駅】
・JR・近鉄線「津」駅からパス「三重大学前」または「大学病院前」下車
・または近鉄線「江戸橋」駅から徒歩約15分

学校案内・受付状況

登場人物A

出願期間、試験日、試験科目は、早めに学校案内・募集要項を手に入れて必ず自分の目でチェックしてね。

三重大学
学校案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中(有料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内(コンビニ後払い:376円)
<高校生・高専生限定>期間限定で150校以上の国公立大学のパンフレットが無料。8/31まで。

ページの先頭へ