京都府医師会看護専門学校の偏差値は?

執筆者:看護大学・専門学校受験ナビ編集部

京都府医師会看護専門学校の偏差値は47.5となっています。この偏差値は50%の合格可能性を示しています(偏差値データは東京アカデミー看護医療模試)。

つまり、あなたの偏差値が47.5あれば、京都府医師会看護専門学校に合格する可能性は50%あることを示しています。合格可能性を50%より高めたい場合は、47.5を上回る偏差値を取る必要があるということです。

【関連情報:偏差値データのもとになる模試】

・東京アカデミー看護医療模試

京都府医師会看護専門学校の始まりは1920年の看護学講習会の開設なので、2020年で創立100周年という歴史ある学校です。学校の歴史があると何が良いのだろうと思われる方もいるかもしれませんが、看護教育に関するノウハウが豊富だということが一番に挙げられます。京都府医師会看護専門学校に現在ある学科は下記の通りです。

  • 看護学科(3年課程)
  • 助産学科
  • 看護学科(2年課程)←※2022年度から学生の募集停止なので注意してください。

ちなみに、このページで紹介している偏差値は看護学科(3年課程)のものです。

それでは過去4年間の偏差値の推移を見てみましょう。下記の表をご覧ください。

2017年→2018年→2019年→2020年と偏差値に変化はなく47.5です。京都府の看護学校で京都府医師会看護専門学校と偏差値が全く同じ学校はありませんでした。難易度はや偏差値の上では易しめに分類されますが、油断せず一般入試の学科試験である国語総合(古文・漢文を除く)と英語の2科目の基礎学力をしっかり固めることが合格への近道です。

年度 偏差値
2020 47.5
2019 47.5
2018 47.5
2017 47.5

京都府医師会看護専門学校の偏差値推移の画像

動画で京都府医師会看護専門学校の偏差値について解説!

ページの先頭へ