関西医科大学看護学部の偏差値は?

執筆者:看護大学・専門学校受験ナビ編集部

関西医科大学看護学部の偏差値は50となっています。河合塾の偏差値は50%の合格可能性を示しています。駿台の偏差値は46です。駿台の偏差値は合格可能性80%です。

つまり、あなたが河合塾の模試で偏差値50あれば、関西医科大学看護学部に合格する可能性は50%あることを示しています。駿台の模試であれば46あれば、合格可能性80%ということです。塾の模試によって偏差値データの見方が変わるので注意しましょう。

【関連情報:偏差値データのもとになる模試】

河合塾:全統模試

駿台全国模試

関西医科大学看護学部は2018年に設置されました。既に閉校となった関西医科大学附属看護専門学校の看護教育を引き継いでいます。関西医科大学附属看護専門学校の始まりは1932年の大阪女子高等医学専門学校附属看護婦養成所なので、看護教育に関しては80年以上の歴史があります。

それでは過去4年間の偏差値の推移を見てみましょう。下記の表をご覧ください。

河合塾の偏差値では2018年に50で、2019年に2.5ポイント上昇し、52.5となりましたが、2020年は再び2.5ポイント下がり50になりました。駿台の偏差値では変化はありません。偏差値からみる関西医科大学看護学部の立ち位置は中堅校という見方もできます。一般入試の必須科目は英語、国語(古文・漢文除く)、小論文、選択科目は『数学Ⅰ・A』『生物基礎・生物』『化学基礎・化学』の中から1科目選択。

年度 河合塾の偏差値 駿台の偏差値
2020 50.0 46
2019 52.5 46
2018 50.0 46


関西医科大学看護学部の偏差値推移の画像

動画で関西医科大学看護学部の偏差値について解説!

【大阪府の看護大学のパンフレット・願書を請求できる2つのサイト】

マイナビ進学
スタディサプリ進路(旧 リクナビ進学)

ページの先頭へ