神奈川衛生学園専門学校の偏差値は?

執筆者:看護大学・専門学校受験ナビ編集部

神奈川衛生学園専門学校の偏差値は48となっています。この偏差値は50%の合格可能性を示しています。

つまり、あなたの偏差値が48あれば神奈川衛生学園専門学校に合格する可能性は50%あることを示しています。合格可能性を50%より高めたい場合は、48を上回る偏差値を取る必要があるということです。

【関連情報:偏差値データのもとになる模試】

・東京アカデミー看護医療模試

神奈川衛生学園専門学校の設置主体は学校法人衛生学園で1988年に開校していますが、。東洋医療総合学科と看護学科の二つの学科があります。看護学科が新設されたのは2014年です。神奈川新校舎が建設されたのは2013年で比較的新しいので校舎がきれいで開放感があり明るいです。

それでは過去4年間の偏差値の推移を見てみましょう。下記の表をご覧ください。

2017年、2018年、2009年、2020年と偏差値に変わりがなく48という数値で推移しています。同じ偏差値の神奈川県内の看護学校ですが参考までに記載いたしますが、湘南看護専門学校、湘南平塚看護専門学校、たまプラーザ看護専門学校です。神奈川衛生学園専門学校の一般入試の学科試験では国語(古文・漢文除く)と小論文が課されます。国語対策では文章をたくさん読んで読解力をつけ、小論文対策として論理的に客観的に文章を書く能力を身につけておきましょう。

年度 偏差値
2020 48
2019 48
2018 48
2017 48

神奈川衛生学園専門学校の偏差値推移の画像

動画で神奈川衛生学園専門学校の偏差値について解説!

学校案内・受付状況

ページの先頭へ