第一薬科大学看護学部看護学科(仮称)。2020年4月新設予定。設置認可申請中。

第一薬科大学看護学部看護学科(仮称)。2020年4月新設予定。

九州唯一の薬学系単科大学(※)。薬学専門に開学59年の実績と伝統

九州唯一※の薬学系単科大学である本学は、およそ60年にわたり多くの薬剤師を輩出してきました。全員が薬剤師国家試験合格という同じ目標に向かって学べる環境のため、大学全体がチームのように団結しているのが特徴です。薬のエキスパートを目指す薬学科、漢方を体系的に学べる漢方薬学科の2学科を設置し、実践的な能力を有する薬剤師を育成します。

※公益社団法人日本薬学会 全国薬系大学入試情報一覧より

第一薬科大学
(写真)第一薬科大学
出典:commons.wikimedia.org

2020年4月、看護学部(仮称)が第一薬科大学に誕生!

人生100年社会の健康支援者として、 薬学部教育の基盤を生かした薬物療法に強い看護教育が始動します。

定員:看護学科80名
(選択制)保健師課程10名、助産師課程5名

取得できる資格

・看護師国家試験受験資格

・保健師国家試験受験資格(選択制・定員10名)

・助産師国家試験受験資格(選択制・定員5名)

養成する看護職の人材像

・リーダーシップと惻隠(そくいん)の情を持つ専門職業人

・多様な看護の場で多職種と協働できる人材

・根拠に基づいて基礎的な看護を実践できる人材

・薬剤による治療や予防を看護の視点でとらえる人材

学生納付金(予定)

・1年次…1,700,000円
・2年次…1,500,000円

既存の学部紹介

薬学部薬学科

医薬品による健康被害を起こさないためにゲートキーパーが必要であり、その役割を果たせるのは薬剤師です。 本学科は、一人ひとりの患者さんに起こるであろう医薬品による反応を予測し、目の前にいる患者さんのために、医薬品の効果を最大限に引き出し、健康被害を防ぐことができる薬剤師を育成します。 医療安全に貢献できる、創造性豊かなゲートキーパー(薬剤師)を目指しましょう。

薬学部漢方薬学科

漢方薬は病気の予防や健康促進、さらには術後の痛み緩和まで幅広く利用されています。また、自分で自分の健康を管理する「セルフメディケーション」が重視されている現代において、副作用も少なく、健康をサポートできる薬として漢方薬の需要はますます高くなっています。本学科では、西洋薬の知識はもちろん、それに加えて現代医学が求める「漢方薬」に精通し、人々の健康をサポートできる薬剤師を育成します。

交通アクセス

【所在地】
・第一薬科大学(福岡県福岡市南区玉川町22-1)

【交通機関・最寄駅】
・西鉄天神大牟田線「高宮」駅より徒歩7分。
・天神方面から西鉄バスで「薬大前」下車すぐ。

学校案内・受付状況

登場人物A

出願期間、試験日、試験科目は、早めに学校案内・募集要項を手に入れて必ず自分の目でチェックしてね。

第一薬科大学
学校案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書

ページの先頭へ