横浜労災看護専門学校

本校は労災病院に勤務する看護師の育成を目的として設立されました。充実した奨学金制度と抑えられた学費、遠方からの学生には快適な学生宿舎も用意しており、看護師を目指す学生の学びをサポートしています。

看護師国家試験合格後、労災病院での活躍が期待されます
本校は全国にある労災病院で働く看護師の育成を目的としています。本校を卒業し、看護師国家試験に合格した後は全国の労災病院での活躍が期待されます。労災病院は全ての勤労者の健康障害の予防、診断、治療、早期職場復帰のために専門的医療と高度先進医療を実施しているばかりでなく、地域の中核病院としての役割も果たしています。そのほかにも、専門看護師や認定看護師、助産師になりたい方への全面的なバックアップや院内・院外研修といった支援制度が充実。さらに全国の労災病院に短期・長期で看護師を交流派遣する制度、全国労災病院へ転勤できる制度などの各種支援制度を設けており、非常に働きやすい病院です。

返済が免除となる奨学金制度を用意
本校の学生は、原則として入学時に選択した労災病院の奨学生となり、3年間の修学期間中は毎月奨学金(授業料相当額)が貸与されます。そのほかにも、修学資金として「神奈川県看護師等修学資金(月額2万円※選考有)」があり、卒業後、看護師として神奈川県内の病院に就職し、5年以上勤務した場合は返済免除となります。また、「日本学生支援機構奨学金」も利用できます(若干名)。

設備の整った学生宿舎があり、遠方からの入学者も安心です
学生宿舎はワンルーム形式で、ユニットバス・冷蔵庫・洗濯機・エアコンなどが完備されています(男子学生も入寮可能)。入寮に関しては、原則として1・2年次は2人部屋(空室数に余裕があれば個室使用もできます)、3年次は個室となります。そのほか、学校生活において悩みなどがあるときは、専門家によるスクールカウンセリングを受けることができます。

「夢を叶えるために」
「親切な先生や先輩との交流があるため、的確なアドバイスを得ることができます。また、隣接した病院での実習を通して、医療現場で通用する技術を学べます。同じ志を持った仲間と助け合い、励まし合いながら、看護師になるという夢を叶えるために、一緒に頑張りましょう」(2年生 M・Tさん)

看護師国家試験合格後は、全国の労災病院での活躍が期待されます
本校は全国の労災病院で働く看護師の育成を目的としています。本校を卒業し、看護師国家試験に合格した後は、地域の中核病院としての機能を果たし、高度先進医療を実施している労災病院での活躍が期待されます。

異国情緒あふれる横浜で学ぶ3年間
開港を機に、いち早く西洋文明に接触・吸収した横浜の街。現在も「みなとみらい21」をはじめとするベイエリア開発が進んでいて、学校周辺には「横浜アリーナ」や「日産スタジアム」などの大型多目的イベント施設もあります。新しい文化を育み、異国情緒豊かな横浜にある学校で、キャンパスライフを満喫できます。


(写真)みなとみらい・夜景

勤労者の健康を守るために、労災病院に勤務する看護師を育成
本校の母体は、勤労者医療をはじめ、地域医療に大きく貢献している労災病院などを設置・運営する「独立行政法人労働者健康安全機構」です。3年間の学びを通じて、人間愛と生命に対する尊厳を基礎とした豊かな人間性を培い、勤労者医療に貢献できる看護の実践者として、生涯成長し続ける人材の育成を目指します。

労災病院から、授業料相当額の奨学金が貸与されます
学生は原則として入学時に選択した全国各地のいずれかの労災病院の奨学生となり、修学期間中には奨学金(授業料相当額)が貸与されます。そのほかにも、「神奈川県看護師等修学資金(月額2万円※選考有)」や「日本学生支援機構奨学金」などの奨学金制度を利用することができます(若干名)。

オープンキャンパス、学校見学会、学校祭を開催します
夏季期間中、オープンキャンパスを開催します(3回開催予定)。また、6月から11月にかけて、毎週学校見学会も開催。さらに、秋には学校祭も開催予定です。これらの機会に、ぜひ一度遊びに来てください。日程は決まり次第、学校のホームページ等でご案内します。詳細は本校までお問い合わせください。

最寄り駅は新横浜!

JR横浜線や横浜市営地下鉄線(ブルーライン)のほか新幹線も停車する新横浜駅。地上19階・地下4階の駅ビル(左記の写真)には、ホテルや大手家電量販店(ビッグカメラ)も入り、横浜線・市営地下鉄線への乗り換えも雨に濡れることなく便利です。また、新横浜の名所としてラーメン博物館、横浜アリーナ、日産スタジアムなどがあります。
通学経路の途中にある「新横浜駅前公園」。烏山川沿いにある緑あふれる開放的な公園です。春に咲く桜もとてもきれいです。
通学路には「さんかく橋」があります。近くにある「日産スタジアム」へ行く際にこの橋を利用する人も多いようです。ちなみに2004年に放送されたフジテレビ系「プライド」というドラマで、主演の木村拓哉と竹内結子が撮影でこの「さんかく橋」に来たそうです。
主な実習場所でもある横浜労災病院です。横浜労災病院は横浜市北東部の中核病院として地域医療に貢献しています。365日24時間体制の救急医療、高度医療、小児医療、周産期医療、がん治療など総合的な医療に取り組んでいます。2011年4月には救命救急センターを開設し救急医療のさらなる充実を図っています。また横浜労災病院は災害拠点病院でもあり、DMATチームを複数有し災害医療にも貢献しています。横浜労災病院の裏手に横浜労災看護専門学校はあります。

奨学金制度について

  • 修業期間中は奨学金(4月は32,000円、5月~3月は月額28,000円)が貸与されます。
    →年間34万円、3年間の総額102万円の奨学金が貸与されるということになります。
  • 卒業後奨学金支給病院に看護師として引き続き5年以上勤務すれば奨学金の返還が免除されます。
  • 入学後、原則として希望する労災病院(奨学金支給病院)の奨学生となり卒業後、奨学金支給病院に勤務します。各労災病院の看護師募集状況または定員等の事情により、必ずしも第一希望の奨学生になれるとは限りません。奨学金支給開始後も事情により他の労災病院に変更となる場合があります。

2018年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間(必着)
選考試験日
合格発表日
15名
程度
学校長推薦

2017年9月25日(月)~
10月6日(金)午後5時
11月7日(月)
11月17日(木)
5名
程度
自己推薦

2017年9月25日(月)~
10月6日(金)午後5時
11月7日(月)
11月17日(木)
31名
程度
院長推薦
募集要項参照
20名
程度
一般
(早期)
2017年10月16日(月)~
11月15日(水) 午後5時
11月25日(土) 11月29日(水)
午後4時半頃
10名
程度
一般
(共通)
2017年12月1日(金)~
2018年1月5日(金)
午後5時
1次 1月18日(木)
2次1月19日(金)
1次 1月18日(木)
午後5時頃
2次 1月26日(金)
5名
程度
一般
(Ⅱ期)
2018年2月5日(月)~
3月5日(月)午後5時
3月14日(火)
3月16日(金)
午前10時
学校案内(資料)
受付状況
リクナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内DVD・募集要項・学校案内
学校長推薦
選考方法
・小論文
・面接
自己推薦
選考方法
・自己推薦一次選考:出願書類(志願理由記載用紙)選考
・小論文、面接
一般(共通)
選考方法
※一次試験
・国語総合(国語表現、古文、漢文を除く)
・数学Ⅰ・数学A(場合の数と確率)
・英語Ⅰ・Ⅱ

※二次試験
・集団討論及び個人面接 (一次試験合格者のみ)
一般(早期・Ⅱ期)
選考方法
※一次試験
・国語総合(国語表現、古文、漢文を除く)
・数学Ⅰ・数学A(場合の数と確率)
・英語Ⅰ・Ⅱ

※二次試験
・個面接試験(全員)

過去の入試結果

一般入試
横浜労災看護専門学校
年度
志願者
受験者
合格者
倍率
2014
125
110
63
1.7
推薦入試
横浜労災看護専門学校
年度
志願者
受験者
合格者
倍率
2014
90
90
41
2.2

学校紹介の動画(オープニング編)

※音が流れますので、動画を見る前に音量をあらかじめ調節してください。


交通アクセス

【所在地】
・横浜労災看護専門学校(神奈川県横浜市港北区小机町3211) 

【交通機関・最寄駅】
・JRまたは横浜市営地下鉄(ブルーライン)「新横浜」駅から徒歩10分



横浜労災看護専門学校
学校案内
受付状況
スタディサプリ進路(旧 リクナビ進学)にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内DVD・募集要項・学校案内


※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、 当サイトのご利用によって生じたいかなる不利益に関しても、 一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

このページの先頭へ