愛知総合看護福祉専門学校

愛知総合看護福祉専門学校「もりのがくえん」は、恵まれた自然環境のなかで、お年寄りや幼児たちと日常的にふれあうことができる多世代交流自然村「ゴジカラ村」の一部です。人や自然との共生を大切にすることで、知識や技術だけでなく実践的な学びを展開。さらには近隣地域との関わりを通じて、これからの社会 に求められる保健・看護・介護の総合的な能力を持った人材の教育を目指しています。

保健看護学科
質の高い看護職を養成するために、保健師と看護師の教育を一体的に実施。1年次より保健と看護を並行して学習するため、双方を連動的に理解することができます。学生の修業年数は4年間。卒業時には、保健師・看護師のWライセンスの取得が可能です。

真の専門家を育成するため、総合的な学びを充実
社会を見据え、地域に根ざした活動を行える真の専門家を養成するためには、保健・看護・介護の連携がとれた総合的な学習をする必要があります。 「もりのがくえん」では、恵まれた自然環境の中で、同じ敷地内で生活するお年寄りや幼児たちとの日常的なふれあい、さらには近隣地域との関わりを通じて、保健・看護・介護を連携させた教育を実施します。

国家資格取得に有利なカリキュラムで、卒業後は即戦力としての活躍が期待されます
保健看護学科では、質の高い看護職を養成するために、保健師と看護師の教育を一体的に行う統合カリキュラム制度を採用。4年間の教育を受けることで、卒業時には「保健師」と「看護師」の両方の国家試験受験資格が取得できます。さらに、4年制の学科であることから、大学院への入学資格も得ることができます。また、病院や診療所だけでなく保健所や学校の保健室、企業の健康管理室など多彩な施設で実習できるのも大きな特長です。介護福祉学科では、併設の特別養護老人ホーム「たいようの杜」などで実習が受けられるほか、介護保険制度や介護保険請求実務に関するカリキュラムも充実。卒業と同時に介護福祉士の国家試験受験資格が得られます

自然のなかに溶け込むような建物だけど、なかは現場に対応した設備を完備!
主に、1~3号館は介護福祉学科の、5~7号館は保健看護学科の学生たちの学び舎になっています。1・2・3号館には、調理室・家政室、特殊機械浴槽、在宅用移動バス、車椅子のまま入浴できる大浴槽がある入浴実習室、介護実習室、図書室、パソコン演習室などが設けられています。7号館は、地下1階・地上4階の図書室・看護実習室・講堂を完備した、もりのがくえんでは最大規模となるゆとりある学習空間です。また地域看護実習室や情報処理室を備えた5・6号館や学生玄関棟などのすべての棟はデッキでつながり、休み時間やランチタイムには、学生の笑い声でいっぱいになります。

舗装しないデコボコ道や天然杉の木造校舎…都会に現れたオアシス「もりのがくえん」
名古屋近郊にある通称「もりのがくえん」は、学校というよりまるでペンションが立ち並んでいるような風景が印象的。木の香りあふれる天然杉で造られた校舎や、大きな窓から明るい光が降り注ぐ教室、手づくりの黒板。すべての木に塗料などの人工的なものは使っていないという自然環境のなか、時間の流れも緩やかに、リラックスした雰囲気で学ぶことができます。ときには青空のもとでの野外授業もあります。敷地内には、丸太で造られた幼稚園や老人ホームが併設しているので、お年寄りや子どもたちと身近に接する機会も多くあります。このような恵まれた環境のなかで、福祉や看護を学ぶうえで不可欠ともいえる「心の豊かさ」を育んでいきます。

看護師と保健師の教育を一体的に行う「統合カリキュラム制度」を導入
本学科では、統合カリキュラムを導入し、施設内の看護と地域の看護とを視野に入れた看護サービスを提供できる能力を有する保健師と看護師の教育を一体的に行います。基礎分野14単位、専門基礎分野28単位、専門分野61単位、統合分野24単位、計127単位(3795時間)にも及ぶ、充実のカリキュラムとなっています

地域看護学も学ぶため、多彩な施設での充実した実習も大きな魅力
実習では、学内で学んだ知識・技術を病院や保健所などの実習施設で指導者とともに実践し、あらゆる場面・状況に対応できる看護の基礎的能力を習得します。統合カリキュラムを採用している本学科では、病院や診療所に加えて、保健所や学校の保健室、企業の健康管理室などの多彩な施設で実習できることが大きな特長です

木製デッキでつながる「もりのがくえん」では、学科を越えた学生たちの交流が活発です
鉄筋地下1階地上4階建の7号館を増築し、ゆとりある学習空間を確保。基礎看護学実習室・小児看護学実習室・図書室・講堂・普通教室などを完備した、もりのがくえん最大の建物です。居宅を再現した地域看護実習室やPC機器を備えた情報処理室のある5・6号館とも木製デッキでつながり、学生の活発な交流が行われています

敷地内に老人ホームや幼稚園があり、さまざまな心温まる交流があります
キャンパスは名古屋市近郊の里山の中。周辺には多くの木々、生物が共生し、通称は「もりのがくえん」。こうした環境で学ぶことで、学びへの関心、探究心が深まり、そして人間愛を基盤に、個の尊重、ゆとりなど「心の豊かさ」を育み、多様化する地域社会に対応できる人材を育てます。

生命の尊厳と人間愛を基盤とした教育理念のもと、地域に貢献できる保健師・看護師を育成
1.看護に必要な専門的知識・技術・態度を習得 2.保健・医療・福祉制度を理解し、看護の役割を果たすための能力を習得 3.専門職業人として倫理的問題に対する判断力を身につける 4.豊かな人間性をもち、多面的な視点で人を捉え良好な人間関係を築く能力を習得 5.社会の動向に関心をもち、生涯学習への研究的態度を身につける

主な就職先(※2016年3月卒業生実績)
愛知医科大学病院/ 春日井市民病院/ 協立総合病院 /公立陶生病院 /国立病院機構東名古屋病院 /小牧市民病院 /聖霊病院/ 総合上飯田第一病院/ 名古屋記念病院 /八事病院 /やまぐち病院 /愛知小児保健センター/ 海南病院 /江南厚生病院/ 公立知多病院 /鈴木病院 /豊田厚生病院/ 名古屋大学病院 /名古屋市立大学病院/ 名古屋掖済会病院 /星ヶ丘マタニティ病院 /東京逓信病院/ 聖隷三方原病院 /飯田市立病院 /あいち健康プラザ /オリエンタルクリニック …など


(写真)「藤が丘」駅
※藤が丘駅から学校までバスで8分

2018年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。
※12月29日~1月4日の期間は願書受付は行いません。

区分
出願期間
試験日
合格発表日
推薦 前期
2017年10月2日(月 )
~10月13日(金 )
10月19日(木)
10月26日(木)
推薦 後期
2017年10月18日(水)
~12月7日(木)
12月12日(火)
12月19日(火)
一般 前期 
2017年12月18日(月)~
2018年1月15日(金)
1月19日(金)
1月26日(金)
一般 後期
2018年2月1日(木)〜
2月27日(火)
3月2日(金)
3月9日(金)
学校案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書
推薦
選考方法
・小論文
・面接試験
一般
選考方法
・国語総合 (現代文)
・コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ
・面接試験

オープンキャンパス

看護師と保健師のダブルライセンス(国家資格)取得を目指す
●学校見学・学校説明・入学説明・模擬体験授業・個別相談等 ●昼頃より自由解散となります。昼食は学生ランチをご試食下さい。 ●参加された方には、昨年度の入試問題集をお配りします。(保健看護学科のみ) ●在校生との交流の時間もあります。

【開催日程】
・2017年08月19日(土)10:00~13:30
・2017年09月09日(土)10:00~13:30
・2017年10月28日(土)10:00~13:30
・2017年12月09日(土)10:00~13:30

交通アクセス

【所在地】
・愛知総合看護福祉専門学校(愛知県長久手市根嶽29-1)

【交通機関・最寄駅】
・「藤が丘(愛知県)」駅からバス8分 愛知たいようの杜下車 徒歩1分
・「本郷(愛知県)」駅からバス15分 猪高緑地下車 北へ徒歩10分


愛知総合看護福祉専門学校
学校案内・願書
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書


※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、 当サイトのご利用によって生じたいかなる不利益に関しても、 一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

このページの先頭へ